高速HDLC/SPI通信用ファームウェア OP-FW10XR

希望小売価格: ¥49,500(税込)

¥43,756(税込)

ビット同期通信(HDLC/SDLC/X.25およびCC-Link通信など)およびSPI通信の計測速度を最高10Mbpsまで高速化するファームウェア
型番: OP-FW10XR Code: 4560102044594 発売日: 2020-04-03

数量:

お取り寄せ

商品詳細
付属品:取扱説明書、保証書
製品タイプ
その他コンピュータ関連機器オプション
仕様
■適合アナライザー:LE-3500XR
■計測インターフェース:RS-422/RS-485、TTL、SPI
■適合プロトコル:HDLC、SDLC、X.25、CC-Link(NRZ/NRZI フォーマット、AR クロック)、SPI【通信速度】
■半二重:115.2kbps 〜 10Mbps
■全二重:115.2kbps 〜 5Mbps
■SPI:115.2kbps 〜 10Mbps
■設定ステップ:任意:有効数字4 桁
■エラーチェック機能:FCS エラー(CRC-ITU-T:X16+X12+X5+1)、アボート、ショートフレーム【オンラインモニター機能】
■タイムスタンプ記録:計測経過時間表示と前フレームからの差分時間表示を切り替え可、1ms、100μs、10μs、1μs 単位(最大 134217727)
■パスフィルタ(HDLC):フラグ直後の2 キャラクタを設定可(ドントケア、ビットマスク可)
■半二重モード:フィルタ一致フレームと不一致フレームをTXDとRXDに振り分け【シミュレーション機能】
■送信データテーブル:16k データ(10グループx16種類に分割して登録可)
■MANUALモード:キーに対応した登録データを送信、繰り返し送信と繰り返し間隔を指定可、SPIはマスターモード、スレーブモードを選択可
■トリガー機能:送受信データそれぞれで、2 組の文字列(最大8 文字、ドントケア、ビットマスク指定可)と単独またはシーケンシャルに一致した時、エラー検出時、外部トリガー入力の信号変化検出時にモニター動作を自動停止(停止までのオフセットを指定可)
■トリガー出力:トリガー要因一致時にTRG OT1端子にパルス出力(約2μsのLレベル)
■記録制御:オートセーブ機能、オートラン機能、自動バックアップ機能
■データ検索機能:トリガーデータ、エラーデータ、文字列、アイドルタイム、タイムスタンプの検索可
■構成品:ファームウェアCD、取扱説明書
仕様2
TBD
メーカーURL
 https://www.lineeye.co.jp/html/product_OP-FW10XR.html